読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんぽんママのブログ

母ちゃん業と、ときどき仕事。メインはしゅみ(理想)のブログです。

授乳にまつわるエトセトラ

こんばんは、てんぽんママです。

 

今日は 我が家の授乳事情について 書いてみたいと思います。

 

当方、二人産んどりますが、今のところ二人とも完母です。

けれど、いわゆる母乳信者ではなく、

独身の頃

「胸をさわろうとしたら、突き指した。」

「背中と見分けがつかない。」

などと おちょくられてた元祖ヒンヌーのわたくし、

自分のまな板胸から乳が出るなんて想像できず、まぁ出なかったら、自分もほぼミルク育ちだったらしいし(母世代はむしろミルクが推奨されていたそう)、

別にミルクでいいや〜と思ってました。

 

うちが二人産んだ病院は カンガルーケアをやってくれるので、産んだ直後(私、衰弱。出産エピソードも追い追い書きたいです)、助産師さんが赤ちゃんをお胸の上に置いてくれます。

 

すると、ホヤホヤで小ちゃい生物が、

もう全身全霊で力強く吸い付くのです。

 

感動しました。

おなかの中で練習してたんだなぁって、

生きようと一生懸命なんだなぁって、

いじらしくて可愛くて神秘的で。

 

てんてんの時は 軌道に乗るまで 少し日を要しましたが、

それでも少しずつ体重が増えてくれて、何しろグイグイ吸ってくれるので、みるみるおっぱいが張っていき、退院時に完母OKのサインが出ました。

 

しかし。

 

ヒンヌーが見たこともない姿形となり、万歳三唱!!!\(^o^)/

とはいかずw、固まって痛いし寝不足だし、なにしろ性欲ゼロ(;´Д`A

完全なお乳製造マシーンと化しました。

 

退院して一週間くらいのとき 乳腺炎になりかけ、初体験の痛みに 「これ、ほんとに私の胸なのか?」と 、赤く腫れカチンコチンに固いおっぱいは もはや異物のように感じました。

薬もなく、冷やして、絞るか、赤ちゃんに飲んでもらうかしかない現実。

そのうえ、詰まった乳腺の古くなった母乳は美味しくないとかいうもんで、実際赤ちゃんが首振って泣いて暴れたりすると もう飲んでもらうの無理やん、、

なんか、詰まらせたママが悪いみたいになってるけど、別に詰まらせたくて詰まらせたんじゃないし 痛いの私だよな。。

まぁ赤ちゃんも美味しくないおっぱいになっちゃってかわいそうだけどさ。。

色々途方に暮れながら、夜な夜なバスタオル片手に絞ってた思い出です。

 

今振り返ると、一人目のてんてんは 置いたら泣く背中センサー搭載型の赤ちゃんだったため、添え乳上等、断乳が大変?そんなの知るかと 添え乳の寝かしつけが常態化していたことも、詰まりやすかった要因の一つかなぁと思います。

それでも、当時は添え乳に頼らなきゃ 倒れてただろうし、添え乳という手法には感謝しています。

(ちなみに、断乳はそこまで大変ではありませんでした。また断乳についても書きますね)

 

二人目のぽんぽんの際は、まず一人目での経験値が知らず知らずに積まれていて抱き方など要領を得ていたこと、気性がてんてんに比べ穏やかなこと、神アイテム「スリング」の導入などにより、

おっぱいでの悩みは格段に減りました。

 

てんてんの時に大活躍した添え乳は、上のてんてんがいることで 逆に寝る場所の確保などが難しく、まぁ二、三回しか起きないので座って授乳も苦ではなく、自然とやらなくなりました。

 

ただ、日中、ぽんぽんに授乳していると もれなく てんてんがハイエナちゃんのように 付いてくるので、私の背に乗ってきたりぽんぽんのほっぺをムギュッとしたりするてんてんに気を遣いながらの授乳になること、

てんてんに絵本を読んでやりながら授乳すると ぽんぽんも気が散って?おっぱいを離しちゃったりするという 新種の悩みはあります。(^_^;)

 

 

さて、少し知識も絡めますと、お母さんはお乳を吸われると、オキシトシン、いわゆる愛情ホルモンが分泌されます。

てんてんの時は それについてよく知らなかったのですが、昨年、たまたま 大学時代からお世話になっている教授の講義に出席できる機会があり、

オキシトシンを投与されたラットは 子を可愛がるが、投与されなかったラットは 子の世話をしないという話がありました。

 

なぜそのエピソードが話されたかというと、虐待に至る母親は オキシトシンの分泌が少ない、という傾向を裏付けるためです。

 

つまり、母乳育児は 虐待を防ぐ効果もありそうなんですね。

 

ちなみに 私は、児童虐待だけは扱えないと  

地方自治体の試験を避けていた(地方自治体の心理職は十中八九児相に配属されます)ほど 虐待に対して凄まじい怒りを感じるのですが、

自身が子どもを産んで、あぁ私も不遇がいくつか積み重なったらきっと虐待するな、と 

自身の残虐性を自覚しました。

 

すべからくも 地方公務員に落ち着いてしまった私に、神様はその事実を 自覚させるために 私に子どもを授けてくださったのだと、今は感じています。

 

さて、少し逸れましたが。

 

要は、私のように未熟で短気な人間は、授乳という生理的なオキシトシンパワーが必要だったのだと思います。

 

ミルクでも 暖かく子育てされてるお母さんはたくさんいるので、母乳が必須だとは思っていません。

 

ただ、母乳の分泌はオキシトシンを増やしてくれる効果があるので、出るなら、あげた方が良さそうです。

(他にも、子宮の戻りを助けてくれたり、いくら食べても太らなかったり!?いいことたくさんなのは よく知られてますね)

 

 

そんなこんなで、一般論も参考にしながら、あくまで私が経験した、

母乳にすることで生じたメリットと大変だったことを 書いてみました。

 

どんな子育て情報にも言えますが、長所と短所を理解し吟味すること以上に、

ご自身の置かれた状況を第一に据えて、

ママ本人が心地よいスタイルを取れたらよいですよね。

 

おしまい。

 

 

 

 

ドラマチック・スイミング その③

こんばんは、てんぽんママです。


今日は、旦那さんにかねてよりお願いしていた  おふろと寝室の大掃除がついに執り行われました(パチパチ!!)


うちはクイーン+シングルベッドを並べて四人で寝ており(旅行はお布団派)、

今日はベッドのマットレスも全部ひっくり返して すき間にたまった ホコリや髪の毛、いつぞやのてんてんのゲロ(チーン)などなどを まるまるお掃除してもらいました。


半年くらい行方不明だった エアコンのリモコンも無事見つかり ホッ。(オイッ)


その間 私たち三人は近所の公園へ。


てんてん、今日はちょっぴりストライダーに乗ってくれましたが、やはり四輪駆動のブーブーの方がお好きな様子。(いつかストライダー日記も書こうかな。。)


お掃除のお礼に 夕飯は豚の角煮をしました。

うちはお肉焼かない派ですが みなさんはどうですか。



さて、てんてんのスイミング・ストーリーも いったん今日で最終回です。


私はこれでもハッピーエンドの方が好きでして、スイミングについても、現在なんとか上向いてきたからこそ 記事にする気が起きた次第です。


つまり、彼 今、スイミングに前向きに通えております!!( ;∀;)パチパチパチ


では、ここに至るまでの 軌跡を 書き留めます。



あいも変わらず 難航する、てんてんをスイミングへ連れて行くというルーチン。


隣に座ってた保護者同士が、「あの子、小っちゃいのかな?先週も先生に抱っこされてたよね」とか ヒソヒソされちゃうほど、

(心の中で 親指をつき下げましたが。爆)

よろしくない状況にきていました。


ほとほと困っていた折、なんというタイミングか、

親友に占いセラピーへ連れて行ってもらったところ、


「お子さん、水と何かありますか?」


と問われ、


エッッッッ!?なぜ分かるんすか!??

と動揺しきり。


どうやら前世で 私がうっかり彼を川か何かに流してしまったらしく(コワイヨ)、

ゆえに 彼は 水と相性がよくないということらしいのです。


占いの方が素晴らしい方だったこともあり、

これは、神様のお告げかもしれない。。

と、信心の薄い私も本気で思い、

辞めることを 明確に意識し始めた先月末。


二ヶ月に一回の進級テストがありました。


いや、テストとか、、( ・ᴗ・ )


無事出席できるか否かで毎回ヒヤヒヤもんの我が家にとっては 実質的に関係のない行事であり、

先生に抱っこされなくても 自らお水に入れて、みんなと逆回りをしないで、お人形遊びを始めないで、コーナーを曲がるごとに へりに登って見学体制に入らない子

が、がんばる日であり、

別世界と捉えていました。


その日も なんとかかんとか 出席には漕ぎ着けるも、いつも通り 水に足を入れず、先生に抱っこしてもらっての入水からのスタート。


ただ今日はテストの日なのもあり、てんてんばかりに構うわけにはいきません。

いつもより 気持ちテキパキめに 先生も動きます。


説明をされ、一人ずつ各々の課題をこなす中、てんてんの番がやってきました。


すると、意欲的とまでは言えないものの、ちゃんと頭から水を被り、つたい歩きなども 先生に促されながら やりきったではありませんか。


しまいには上を見上げニコッとするので、

ヒソヒソ保護者もとなりにいましたが

えぇ、憚りなく拍手しましたよ。


がんばったなぁ、えらかったなぁって

あとでいっぱい褒めよう、と

こみ上げてくるものがありました。

(マジで泣いたのはナイショ)


すると、どうでしょう。


その日の夜、なんとお風呂で

自ら洗面器に水を張って バブリング(水中で息を吐いてブクブクするやつ)を練習しているのです。


信じがたい気持ちでしたが、努めて自然体で、

「あれっそれ今日テストでやってたやつかな!?」

と声をかけると、

ちょっと恥ずかしそうに 端っこでやり続けているてんてん。


マジ、萌えを通り越して、興奮。←



てんてんは、まだ確定ではありませんが、

テストなどで 燃えるタイプなのかもしれなかったのです。

先生のフォローなども きっと暖かかったのだと思います。


こりゃ、一本どころか 千本くらい取られた心持ち。


発達心理学をそれなりに勉強してきましたが、こんな現象は参考書に載ってなかったです。

(というか、実際の子育て中に起こるハプニングやハッピーの大半は載っていない)


子どもの伸びしろは 大人が想像できる範疇を軽々と飛び越え、自ら育つのでした。


このテスト以外にも、

たとえば 動物絵本を約束通り買ってもらえたこととかw、別の要因もあったのかもしれませんが、

うちの場合はこんな〝きっかけ〟でした。


それから、一足飛びにプール大好きっ子になったわけではなく、徐々にではありましたが、回を追うごとに 意欲的になり、

今では 公園よりプールに行きたい、とか言うほどになりました。(目からウロコ)


ハイチュウは相変わらず買ってやりますが 2〜3回に一回くらいの頻度に減らすことに成功しました。(涙)


ただ 占いのご助言も片隅にのこっていたり、親の期待に応えようみたいな動機づけは避けたいので(此の期に及んで、なんだけどね、、)、

もうしばらくは 注意深く見守ることになりそうです。



以上、てんてんのドラマチックなスイミングストーリーでした。


読んでくださった方 ありがとうございます。


そして誰より、

てんてん、ありがとう。


JAKOB the LIAR 聖なる嘘つき

こんばんは、てんぽんママです。

 

エンペラー・タイム(H×Hクラピカの、絶対時間というほぼ無敵になれるワザ。マリオのスターみたいなイメージ。てんてん不在時にたびたび登場予定。w)により、

昨日観終わった DVD

「JAKOB the LIAR  聖なる嘘つき その名はジェイコブ」

について 記したいと思います。

 

私が愛してやまない ロビンウィリアムズ主演の、

1999年に作成された映画です。

 

ロビンが自死してから 信じたくない悲しみの中 買い揃えた作品の一つでした。

 

 

舞台は第二次大戦時、ナチス支配下のゲットー。

そこでロビン扮するジェイコブは、強制収容所へ向かう汽車から逃れた一人の少女と出会い、戸惑いながら 匿うことになります。

 

その戸惑い、亡き妻のハンナに語りかける仕草、少女へ向ける優しい眼差し、

全てが どストライク。

また一段とロビンを好きになりました。

 

まだ全てのロビン作品を観ることはできていませんが、

この作品の彼は、他の作品に比べ トーンが控えめで、あくまで 元 小さなパン屋さんのオーナーという役柄に シンクロしています。

 

ロビンといえば パッチアダムスやジャックで見せてくれた 心に響く素晴らしい演説も持ち味ですが、この作品の最後のシーンでは、彼は一言も発せずに 射殺されます。

 

それがよりリアルで、戦争の悲惨さと ジェイコブの慎み深い人柄を演出します。

 

コメディ要素は控えめで、他作品のハイテンションでユーモアあふれる彼も好きですが、

僭越ながら、この作品の役柄の方が 本当の彼に近いのかしら、と感じたりもしました。

 

 

ジェイコブはナチスの本部で偶然耳にした ラジオから流れるドイツ劣勢のニュースを、興奮冷めやらぬ内に うっかり仲間に話したことで、彼がラジオを持っているという誤った解釈つきで 瞬く間にゲットー中に広まってしまいます。

 

それからは仲間と顔を合わせればニュースの続報を聞かれ、困り切った彼は うっかり 嘘のニュースをでっちあげます。

 

毎日自殺者の絶えない 絶望に支配されたゲットーに、彼のもたらしたニュースは 一筋の光となり、人々の希望となります。

 

いやいや、ほんとはラジオなんか持ってないし、ネタも無いしどーするよこれ、という心境のところ、

名脇役の医師、キルシュバウムから 

ジェイコブのニュースが広まった日から ゲットーでの自殺者がゼロになったと 聞かされ、もう後には引けないぞ、と諭されます。

 

この医師がまたいいんですよね。。

人間的にジェイコブ以上に惹かれたのが この医師です。

憧れます。

戦前は 心臓の世界一の名医と言われるほど 優れた医師でありながら、その表彰状を暖炉に焼き捨て、

ジェイコブに 君は素晴らしい医者だと 伝えます。

 

この医師も作中で最期を迎えますが、その死に様も心に焼き付きます。

 

仲間のミーシャやコワルスキーの役どころも素晴らしかった。

この作品でロビンは 製作総指揮も担当されたそうで、主演の彼以上に 周りの役者を引き立てる工夫も散りばめられていました。

 

かけがえない時間を過ごせました。

 

 

ロビン、ありがとう。

ドラマチック・スイミング その②

こんばんは、てんぽんママです。


今日は夕方から てんてんがおばあちゃんの家に一泊お泊りで おりません。


ザ・フリーダーーム。

エンペラー・タイム。(クラピカ)



というわけで、映画も一本観られたので(至福)

後ほど感想も書きたいと思います。



それでは、スイミング その②です。


体験時のテンションはどこへやら、早くも暗雲が立ち込めた てんてんのスイミング生活。


よかれと思って週二で組んだものの、双方の首を絞めることになろうとは。。

(親のよかれは子どもの迷惑❤︎)


土壇場で無通告強制連行するのは 信頼関係にヒビ&本気でトラウマになるのではと懸念し(一応ね。。)、

なるべく 事前に「今日はスイミングだよ〜」と 予告するようにしていたのだが、

「イヤ」「きらい」を たどたどしくも明確に主張。


「怖い?」と尋ねると、神妙な面持ちで「おわい」と 。


あ〜こりゃ本気で嫌なんだなぁと 頭では理解しているのだけど、拒否されればされるほど、

強迫的に、頑なに、なんとしても行かせなければと 理不尽なエゴが台頭してくる。


それでもなんとか〝習い事は無理矢理やっても意味がない〟という理性だけは働いたので、罰は使わずに。。

いや、振り返れば 拒否に遭って明らかに不機嫌になったりする日もあったから、それ、罰だよね_| ̄|○


なにしろ、もうこれただの甘やかしでは?というくらい、

褒美で釣る羽目になっていった。


ハイチュウのジャンケン自販機ではほぼ毎回買ってやり、登校一回につきシール1枚、3枚たまったら動物絵本をプレゼント、おばあちゃんにも同伴をお願いしてわざわざ見学に来てもらったり。。


毎回毎回、何かしらの褒美がないと 家からも出てくれず。

もう親が必死すぎて滑稽で、何をどこを目指してるのか 訳わかんなくなってくる始末。


そうこうして なんとか車に乗るも、駐車場に着いて降りる段になると「行かない」とチャイルドシートにへばりつき。

じゃあぽんぽん(弟)とママだけで行くからと 本人を車にのこしたまま去り、数分して戻ると ギャン泣きの跡。

渋々降りてくるが、結局ずっと泣き喚いて更衣室に行かれないので、コーチの先生にお願いして 先生の部屋から着替えていったことも。


プールでの様子はというと。


まず、体操は棒立ち。

プールサイドに座って 足をバシャバシャするシーンでは 水に足すら入れない。

先生に抱きかかえられなんとか入水するも、しがみついて 一人抱っこを継続。

キリンやカバやアヒルのミニチュアを見つけると それらを独占してひたすら人形遊び。

先生に散々促されてようやく水中を歩いても、一メートルくらい歩いたら すぐにヘリへ上がって見学。

先生が気付いて迎えに来てくれるまで 陸に居続ける。


保護者は基本 上のギャラリーから窓越しに様子を見てるのだが、

マジで、一人だけ 他の子と動きが違うのですよ。。

陽気に手を振ってきても、振り返すことを一瞬ためらうほど 目立ってるんすよ。。


相当手をかけてもらい、いつも後半の30分はわりと楽しそうに 水に慣れてきた様子が見て取れるのだが、

更衣室で再会して「すっごい、上手だったね!!(歌のお姉さんを憑依させる感覚)

楽しかった?」ときくと、

一言「たのしない(=楽しくない)」と。


「楽しくないかー、残念だなー。けど頑張ってたてんてんかっこよかった!」と無理矢理の笑顔で返しつつ、思考は停止。


なんとか今日を乗り切れたことに安堵?脱力?し、終わりの見えない絶望感のなか、

甲斐甲斐しくハイチュウを買ってやる 情けない親なのであった。。




続く

ドラマチック・スイミング

こんにちは、てんぽんママです。


これから何回かに分けて、我が家のスイミングストーリーをおおくりします。


スイミング、なんてことないやろ、と思ってたのですが、この題名。


おおげさな。oyabakaな。


ま親バカは否定できませんが、いかんせん、私には 映画一本見るくらいの めくるめくストーリーがあったわけなのです。


子育て、クソ大変だけどクソ面白いですね。



では、始めます。



長男のてんてん(3歳)が11月からスイミングを始めました。


厳密には10月末に見学に行き、14時からの回を見学していたところ まさかの当日「入りたい!」コール、

それならばと15時からの回に ドタバタと水着とキャップをお借りして 飛び入り参加したのでした。

(幼児の水着姿 萌え。ぽんぽん(おなか)がせり出るかんじがたまらん 萌え。)


分離不安もなく ノリノリで体操に参加、水にも問題なく入ることができ、親としては感動すら覚え、

入会する決意は固まった。


が、しかし。


ちょっとしたハプニング発生。


クレヨンしんちゃんの素養ただよう お調子者のてんてんは、両腕に浮輪を付けているものの 足の届かないエリアに踏み入れてしまい、半分溺れてるような状態になってしまったのだ。


それでも、ものの数秒でコーチの先生に救われ、その後も特に変わった様子は見られなかったため、その日のうちに 入会手続きを済ませ、てんてんは帰りの車で爆睡。


ちょっとハプニングはあったけれど

(いやむしろ この時点ではハプニングとも認識していないレベルだった。それくらい、変わった様子はなかったのだ…)

初めての習い事デビューに 親の私も浮き足立っていた。


恐竜柄のビニールカバンにカーズの巻きタオルをそろえ、本人のモチベーションがさらに高まるよう装備も整えて。


迎えた 初日。


なぞの行き渋り。


嫌な予感がしてきたが 「ううん、初日あんなにノリノリだったもの、行っちゃえば楽しめるでしょ」と 不安を打ち消す。


なんとか カバンとタオルで釣って更衣室で着替えまでは済ませられたものの、

先生に送り出す際に まさかのギャン泣き…!!!


マージーカーヨー……


嫌な予感は 当たるように世の中なっている。


そして この てんてんは 私の想像など いとも簡単に 超えてくるのだった…



続く











かんたんな自己紹介とブログ紹介

こんにちは。

 

てんぽんママと申します。

 

男三名(内訳:夫(根明)、長男(3歳)、次男(0歳))を抱えるママごんです。

 

職業は心理職の地方公務員です。

 

主に児童相談所へ配属されることが多い職種ですが、

現在の私は「精神保健福祉センター」というマニアックな事業所で勤めています。

(どんなところかは これから折にふれてご紹介させてくださいませ)

 

 

現在次男の育休中で、4月に復帰の予定です。

 

 

ママごんという仕事は奥深く、ヘタをすると仕事をしていた時以上に 気持ちのゆとりがなくなることがあります。

 

あくまで私の場合ですが。

 

その、あくまで私の場合に起こった ハプニングやピンチやハッピーを、職業柄も時折反映させながら 楽しく書いていきたいと思います。

 

可能な範囲で仕事のことも書きたいなと思っています。

 

他、映画や漫画が好きなので 独断と偏見にまみれたレビューも書いていく予定です。

(これが一番楽しみだったりする。)

 

 

最初の記事なので マイルドタッチを心がけましたが、気性の荒さから鬼畜な暴言を吐くこともあります。

 

気分を害される方がおられましたら ごめんなさい。(最初に謝る作戦)

 

異論は大歓迎ですので ぜひ思われることがありましたら コメントお寄せください。

 

共感も励みになります、ご自身の生活を最優先に気ままにお願いします。

こちらも気ままにお返しします。

 

 

では、読んでくださりありがとうございます。